最新情報
※作品ファイルが開かないときは、上部<互換性ボタン> をクリックしてからご覧ください     
米沢町の家

数寄屋造り 米沢の家・『市販の材料と不揃いの美意識』で造る2

 
 
『WC内部から中廊下への出口・紅色和紙張りの戸襖』
 ◆黒壁・黒和紙張り天井仕上げの控えめな中廊下の表現を一
 転させ、『艶やかなWC内観に転換させる意図で鮮やかで澄
 み切った紅色機械漉き和紙』を引違ィ戸襖に張りました。

◆WC内天井に見えますのは 祖母の形見・木綿製黄八丈の着
 物を経師職方が解き天井材に=その意図は祖母から孫・ひ孫
 さん達への伝承の品として再活用を試みました。
   
 ◆画像の左側に見える家具は既存住宅で使用しておりました
 カリモク製本棚の再使用。 横幅×奥行×高さを計測した上で
 新居平面計画図に従い、はめ込みました画像です。

◆居間1・2に面する戸襖は『黒無地色の機械漉き和紙張り+4方
 カシュウ黒塗り枠(造り引手共に)』で纏めました。意図は使用
 頻度が高い居室、将来の生活中でも目移りせず・飽きもせずに
 落ち着いた空間構成への選択を最優先させた結果です。
 
『手前の居間2から奥の居間1を見た画像』
   
 
『居間1の南面画像』
 ◆床材は熊本表へり無し畳・壁は左官塗新京壁厚さ12㍉塗・天
 井高さは2700㍉、天井仕上げ材は茨城県産 西ノ内未晒し手
 漉き和紙に依る市松紋様張り(手漉き和紙の表側と裏側を交互
 に張る事により生じる市松紋様の手法を選択)。
◆未晒し手漉き和紙とは 晒し粉無しで漉いた和紙=通常の和
 紙 は晒し粉で漂白するから経年変化と共に黄ばんで行くが、
 他方晒し粉で漂白せずの和紙は当初は黄ばみが見えるが原
 料の楮(こう ぞ)自体が持つ『自浄作業により経年変化と共に
 漂白して行く紙』です。 
◆長期(60年~90年)に渡り、色あせずの空間構成を保ちたいか
 ら未晒し和紙を多用して来ました。障子紙も又同様です。昨今
 予算調整の為、機械漉きの未晒し障子紙(主原料が木材パル
 プ=粘り無く障子桟箇所で避け破れる現象が生じ、楮手漉き
 障子紙に戻しました。
◆居間1の画像左に見える小さな両開き戸付物入れは、この部
 屋で用いるノートパソコン+FAXコピー機を普段は収納して置
 き、 スライド方式の引き出しを用いて取り出し使う造り付の家
 具です。障子の上に見える四角形3ケは全館冷暖房用の吹き
 出し口です。
◆障子の両側及び手前壁際に見える『柱材は一番大量に市販
 している節多き柱=特1等杉柱を使用した数寄屋造りの和室』
 です。柱を凝視すれば節が目立ちますが、その節に目がいか
 ぬ工夫=室内外の『デザイン次第で心豊かな数寄屋造り が
 可能』です。
   
 ◆和紙の表と裏を交互に張り合わせた市松紋様張りの様子がお
 判りでしょうか・・・?。
◆居間1の有効広さは15帖+居間2の有効広さは8帖=合計23帖
 の ワンルーム式の天井を『静かで落ち着きのある空間を構成し
 たい意図で未晒し和紙天井を選択』。しかし のっぺりの無表情
 も又 味気がなく、『同じ素材の表・裏を使い分け、ほんの少し変
 化(へん げ)する空間』を試みました。
◆この細長の残地敷地に対して、軒の出1500㍉を選択した為、幅
 も高さもある掃き出し窓の設置にも関わらず建築基準方で求めら
 れる採光面積が不足し、補う為に屋根にトップライトを合計3ケ所
 +天井面に陽ざし調整用天井障子も合わせ設置しました。 
 
『居間1の天井面をUPした画像』
   
 
『居間2に設置・床の間』
 ◆床の間は『間口幅13655㍉』+『背面壁にある柱を見せない手
 法=コーナーを曲線で柔らかく包み塗り回す方式』を選択しま
 した。
◆床の間=主役は『香炉等の置物・四季の草花・掛け軸』です。
 置物・草花を引き立てる役目を果たす床材の畳表は最も柔らか
 な表情を見せる『龍びん小目表』を選択。更に幅21㍉ 新高宮紺
 麻製へり付のわら床畳・厚さ60㍉を敷き込みました。
◆床框(とこかまち) は檜錆丸太の太鼓落とし。床柱は杉磨き丸
 太+わずかに天然絞りが走り+えくぼ付を選択しました。女の
 人もえ くぼがある方はどことなくチャーミングです。自然体の
 磨き丸太材も又同様ですからえくぼのある丸太を選びました。 
   
 ◆ 数寄屋造りですが 『高気密・高外張り断熱・通気構法+8帖
 用クーラー×2台による全館冷暖房+全熱交換式換気システム
 搭載の省エネ住宅』でもあるのです。私のブログ『2016年2月29
 日投稿 8帖用クーラー×2台で延床42.4坪の平屋住宅の全館冷
 暖房を賄う』 をご参照下さい。

◆それだけではありません、冷暖房が不必要の『春と秋の季節は
 南から風を入れ北に抜く従前方式の住まい』でもあるのです。
 
『ロフトに設置・全館冷暖房用の機械室内部の画像』
   
◆◆◆結びに。
  ■数寄屋造り・数寄屋住宅と云えば『高額な材料を用い、特別秀でた大工職方を始めとする特殊職方達の集団だけが造れるもの』
   と勘違いされている方々が多数存在している様子で すが、『誤解・誤解・誤解』です。
■◆■『ありきたりの材料と手仕事にこだわる職方達と私の共同作業で数寄屋造り・数寄屋住宅は造れます』。理由は『手仕事にこだ
   わる設計姿勢+日々の葛藤実践姿勢』にあります。
◆■◆『葛藤項目と姿勢』とは『①四季を持つ日本の大地、特に建設地の状況把握と提案内容』・『②建築基準法等の制限』・
    『③注文主夫妻の要望と予算』・『④施工予定の工務店(工 事価格を左右する相手)+傘下の各職方達・(図面を読み施工出来る
    か否か=技能力の有無確認)』。
  ■つまり『①~④に対して『日々の仕事に於いて葛藤姿勢を現実に実践しているか否か』が設計者自身に問われます。
■◆■決めては『注文主ご夫妻の要望と雑談・雑談』を重ね『⑤設計者自身の自問自答=葛藤・葛藤・もがきながらも贅肉を削り、め
   げずに立ち向かう強い精神力+より良い解決策を模 索する柔軟な思考力』の実践から『住み良く・美しく・笑顔が宿る住まい』は
   生まれます
  ■工事期間3~4カ月で竣工+自然素材を用い1年中の何時でも着工出来るそんな無茶な家造りは出来ません。なぜなら『日本の
   風土と風土が育てた自然素材』は『人間の思い通りにはな りません』から『必要な期間と必要な手間は省略出来ない』のです。
  ■『竣工引き渡し時から補修費用の積み立て開始・10年を過ぎればリフォームの誘い・20年過ぎれば建て替えの誘い』=『◆この
   誘いに怒りを表さぬ人は広告・宣伝に洗脳され、誘いの内容に全く疑問を抱かぬ、自己判断力・自己思考力を喪失している』と
   感じます。
  ◆◆言葉使いは悪いですが、私は『根無しの切り花現象=枯れ、しぼめば捨て去るが根底に強く存在する買う家のシステム=約
   54年の実践結果の証し』ではありませんか?。
◆◆◆『千数百年の実績を持つ日本の風土と自然素材と先人たちの知恵が詰まった日本人の家造り』は『毎年繰り返し花を咲かす根
   を張った植物と同様、再生可能な長期(3世代90年)に渡り生き生きと存在する 生き物造り』と私は感じ『手仕事で造る家の継承』
   に全力で邁進しています。 結ぶ。